他の占術と比較した西洋占星術のメリット

西洋占星術とは各個人がこの世に生を享けた時(生年月日)・時間・場所をもとに、天に配置された惑星の配置を表した図をホロスコープ(ネイタルチャート)と言います。ホロスコープでは各個人が生まれた太陽星座を中心に、10惑星(太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星)・12ハウス・12サイン(12星座)天体同士の角度(アスペクト)を解釈して、その人の持って生まれた運命傾向(性格・人生の目的や意義・乗り越えるべきテーマ)を読み解いていく占術です。占星術の魅力は東洋占星術とは違い、当たる・当たらないという「当てる」事を目的とした占術とは違い、各個人がどのように星のもとに自分が生まれたかを知り、自分の生まれた人生と真摯に向き合い、どのように自分自身の人生の使命や人生の目的を乗り越えるかといった事に焦点があたります。西洋占星術とは自分の生まれた意義を各星座や惑星のシンボルを通して自分自身を探求したい人にとってはとても魅力的な占術の一つと言えるのではないでしょうか。